CMMIレベル2

ソフトウェア開発の能力熟成度を示す国際標準的な指標であるCMMI(Capability Maturity Model Integration)レベル2達成の認定を2006年12月~2010年1月の期間受けました。
CMMIは米国カーネギーメロン大学のソフトウェア工学研究所(SEI:Software Engineering Institute)が開発したソフトウェア開発のプロセス改善モデルであり米国カーネギーメロン大学の登録商標です。


EQM活動(EAGER Quality Management)

CMMIのプロセス改善、ISOの品質マネジメントを、より確実に効率よく実施するため統合した開発マニュアルを制定。また独立した品質管理部門を設け、当社独自の品質向上活動を展開しております。